シワのない若々しいご尊顔のために、美容皮膚科のシワ取りを

シワ取り手術

シワ取りの破線を目の下に書いた女性

美容のために、顔にメスを入れるという場合があります。いわゆる美容手術と呼ばれているもので、人によっては顔かたちを変え、美しくするための手術を選択します。
その是非は置いて、最近では美しく自然に仕上げることが出来る美容整形手術の技術も高まっており、シワ取りの手術の技術も向上しています。
例えば、シワ取りの手術では、1行目には「顔にメスを……」と書いたばかりではありますが、メスは最初にちょっと使うだけで、あとはメスなしで行われる手術も出来るようになっています。

シワ取りの手術は昔から行われてきましたが、その基本的な概要としては、顔の皮膚を切開してたるんでシワになった部分を引き伸ばすことでした。
特に、額や頬の部分的なシワ取りのために、切開して皮を引き上げ、伸ばしてシワを消してしまうというのが一般的な方法だったわけです。
最近では、皮を引き上げ、伸ばしてシワを取るという基本だけは変わりませんが、そのためにメスは不要となっています。

その名も「フェイスリフト」と呼ばれているこの手術の方法は、ちょっと耳の付け根の部分を切開して皮を引き上げ、余計な部分を切り落として縫い止めるというものです。
あるいは、切開したところから糸を差し込み、その糸で皮を引き上げて固定します。きちんと表情を作るための筋に合わせて切開や引き上げが行われるので、不自然な仕上がりにはなりません。
部分的なシワ取りに効果的な手術という方法ですが、顔全体のシワを取り、自然な感じに仕上げたいという人に対して行われる手術も、最近では多くなっています。
一部分の手術が局所麻酔をしたあとで行われたのに対して、顔全体の場合には全身麻酔で行われます。
耳の付け根と額の生え際の奥を切開し、そこからそれぞれ皮を引き上げてたるみをなくし、寄ったシワを消すというのが一連の流れとなっています。