シワのない若々しいご尊顔のために、美容皮膚科のシワ取りを

シワはなぜ出来るのか?

鏡で顔を見る女性

ある程度のシワもなく天寿をまっとうするというのは、なかなか難しい話です。というか、ある程度のシワというのは人にとっての成熟の証し。若い顔よりは少し深く刻まれたそのシワは、あなたが生きてきた時間を示し、あなたが築き上げたものを示すものでもあるのです。
しかし、ちょっと激しい表現ですが、まるで顔に深くたくさん切りつけたようなシワをそのままにしておくのもつらい話でしょう。
「人生を生き、年をとって積み重ねてきたものがある」という中でも、「年をとった」ということだけが際立って感じられて、つらいものがあるはずです。
であるからこそ、美容業界ではシワ取りの技術について研究し、今ではさまざまな方法を確立しているわけですが。

ところで、シワ取りの施術によって取り去られることになるこのシワとは、どのようにして生まれるものなのでしょうか。ここでは、そのことをまずは語っていくことにしましょう。

顔のシワが、年を経るのとともに作られていく原因として挙げられるのは、まずは紫外線。そして筋肉の弱まり。肌が乾燥すること。
紫外線というのは、確かにお肌にそれほど良くはないと知られていますが、老化と連動してシワの原因となることがわかっています。
そもそもシワとは、肌のすぐ下にある真皮層という部分が小さくなり、肌が余って垂れてしまうことが原因で起きるものです。干し柿は、中身の水分が飛んだために中身の総量が減り、皮が余ってシワシワになっています。
それと同じことが、肌と真皮層で起きるのです。肌は柿の皮の部分、真皮層は柿の中身の部分です。
紫外線は、真皮層を構成しているコラーゲンを破壊してしまう働きを持っています。正確には、コラーゲンの結合を解いてしまって、その弾力を失わせてしまうのです。
そのことで、肌がハリを失い、干し柿の表面のようにシワシワになってしまうというわけなのです。
老化とともに減るコラーゲンを、紫外線がさらに減らしてしまったあと、筋肉が昔ほどの力をなくして肌をピンと張っておくことが出来なくなり、さらに肌が乾燥すると余計に肌が余ってシワが出来てしまうようになります。

このような成り立ちで、私たちの顔のシワは増えていくことになるのです。