シワのない若々しいご尊顔のために、美容皮膚科のシワ取りを

ケミカルピーリング

頬に手を当てて微笑む女性

誰もがご存知のように、肌は外を向き、内を守っている人体における最後の砦です。肌を破られれば、中の臓器や器官が外の環境にさらされて、人の健康は1日ともたないでしょう。
そんな部分であるからこそ、人の肌は年をとると現れてくるシワを始めとして、いろいろな美容上のトラブルに見舞われるのです。
もちろん、美容上のトラブルであって、健康に暗い影を落とすということはあまりありませんが、人体は内側はもちろん、外側の見た目のことも大切な要素となります。そういうわけで、シワ取りの他にも、例えばシミやアザをとったり、ニキビを消したりするのです。
それらを始め、美容皮膚科での施術を受けて改善させるのです。

シワ取りを始め、肌に現れるさまざまなトラブルを解決するのに有効な方法が発見され、美容皮膚科クリニックの多くで採用されています。
ここでは、その方法を紹介しましょう。その名も、ケミカルピーリングと呼ばれている方法です。

ケミカルリーピングは、ニキビにも聞くしシミの消去にも使える、シワ取りにも効果があるということで、まさに美容皮膚科業界の革命的な治療方法として注目を集めています。
そもそも、Chemical Peelingとは、ケミカルな方法でピールするということで、単純に日本語訳すると「科学的な皮むき」ということになります。
薬を使って皮をむくというわけで、直訳したものだけを読むと何だか痛そうなイメージを抱く人がいるかもしれません。
しかし、この方法は痛くなく、身体に負担をかけることもなく行うことが出来ます。

使われるケミカルなもの、あるいはお薬の主成分となっているのはフルーツ酸などの酸性の成分です。フルーツ酸は、酸とはいえその名の通り果物に含まれている酸なので、人に優しく恐いものではありません。
フルーツ酸は、肌の表面に働きかけて新陳代謝を活発にするという効果を持っています。簡単な言い方をすれば、フルーツ酸を顔に塗るとそれだけ新陳代謝の動きが活発になるというわけなのです。
この方法は、肌のハリを取り戻してシワ取りをしようというときには最適な方法であると言えます。
肌の古い角質が落ち、細胞が活発に働いて新しい皮膚が作られて顔の肌を形成します。細胞が活発に動くということ、それはつまり「若い活動力」がもたらされるということで、言うまでもなくお肌の老化を押しとどめる効果があります。
そして実際に新陳代謝によって肌のハリが戻り、シワ取りが実現するというわけなのです。

ケミカルピーリングは、上に書いたようにシワ取りだけでないさまざまな美容皮膚科の治療でも使われています。新陳代謝によってニキビ跡を消して肌のツルツルさを取り戻し、新陳代謝に寄って肌色の輝きを取り戻します。
ケミカルピーリングの誕生によって、明らかに美容皮膚科の技術は一段深まり、それだけ多くの人に、希望を抱かせることが出来るようになりました。